ジャグラーで長期的に勝っていくのに絶対に必要なことを知っていますか?

 

正確な設定判別?

機種情報に精通する?

高設定域のデータの台を狙って打つ?

上げ狙い・据え置き狙いをする?

 

どれも不正解です。

 

まずはじめに、もっとも重要なやるべきことがあります。

 

それは、あなたが通っているホールが

・ジャグラーに設定6(高設定)を使っているか?
・使っている場合は「いつ(毎日・特定日・来店イベント等)」「どこに(角付近や特定の台番など)」「どんな傾向(上げ・据え置きなど)」なのか?

これらを徹底的にリサーチすることです。

 

トータルでプラス収支を稼ぐ・高設定を掴むには、ホール状況をきちんと知っておくことが必須条件です。

私が知っている限りでは、パチンコ・パチスロで長期的に勝っている人で、自分が通っているホール状況を知らずに打っている人はいません。
ホールが高設定を使っていなければ、設定判別をしても意味がないからです。

「このホールでは確実に設定を使っている」という根拠があって初めて、設定判別や上げ狙い・据え置き狙いをする意味があるのです。

 

ただし、ホール状況のリサーチは時間と手間がものすごくかかります。

数日程度のデータを調べただけでは、まぐれでツモれることはあっても、設定が入る傾向を高い精度で読むことはほとんど不可能です。

行ける範囲のホールすべて、ジャグラー全台の毎日のボーナス・合成確率を数ヶ月にわたって調べることで、高設定が使われているか、どの機種や場所に高設定が入りやすいのかが見えてきます。

私は行ける範囲の20ヶ所のホールをすべてチェックしましたが、サイトセブンの出玉チェックツールなどを使っても、ある程度精度の高い狙い台を絞れるようになるまで半年ほどかかりました。

 

ホールのリサーチに関して、ノーマルタイプが得意なパチスロライター・ワサビさんのエピソードを1つ紹介します。

ワサビさんは、ホール状況をリサーチするため1年近くホールに通い、その間一切打たずに力を入れている機種、設定が入っていたと思われる台のデータなどを徹底的に調査し、ホールの状況・傾向をしっかり把握してから実践に入ったという話があります。

 

さすがに1年なにも打たずに台の挙動だけを見ていたら、ホールによっては下手をしたら出禁になってしまう可能性がありますが、それだけやらないとホール状況をきっちり把握することは難しいのです。

時間と手間と労力がかかるホールのリサーチを効率良くやる方法は?

月に何度か仕事帰りや休日にホールに通う程度で、頻繁に複数のホール状況をチェックしに行く時間がとれない人は多いと思います。

私もパチンコ・パチスロは趣味のひとつで、空いた時間や休みの日にたまに行くくらいで、とても頻繁にホールに通って状況を細かくチェックなんてできません。

でも、低設定のまぐれ爆発を期待して打っても、ジャグラーのようなノーマルタイプでトータルで勝っていくのは、はっきり言って不可能なのが現実なんですよね。

 

先にも書いたとおり、ホールのリサーチには膨大な時間と手間がかかります。

 

しかも、手間暇かけてリサーチを終えても、突然ホールの営業方針や店長が変わったりすると、また一からリサーチをしなおす必要もあります。

私の場合も、リサーチ済みの主力で使っていた複数のホールで、設定が入るクセと傾向が変わってしまいました。
さらに同時期に新規オープンしたホールなどもあったため、なんとかホールリサーチの手間を省いて精度の高い設定狙いができないかと、勝ち組の知り合いに相談したり、ネットでいろいろ調べたところ……。

 

ジャグラーでの勝ち方や、効率よくホール状況&設定が入るクセと傾向のリサーチ方法などがしっかりまとめられた、とんでもない情報を入手してしまいました。

 

今までありそうでなかった、ジャグラーでの設定狙いの成功率を一気に押し上げるハンパなく強力な情報……

それが、設定6を掴むためのジャグラー営業裏話です。

 

設定6を掴むためのジャグラー営業裏話ってなに?

パチンコホールの現役店長が、ジャグラーの勝ち方・攻略・設定配分・機種別営業データなど、そこまで暴露していいのか?! と思わず心配になってしまうような、まさに業界人だからこそ書ける「裏話」をPDFファイルやシークレットサイトで余すところなく公開した情報です。

ホール状況を効率よくリサーチするポイントや手順、設定配分の癖や特徴などを「設定を入れる側」の視点から丁寧に解説されており、リサーチの手間と労力が大幅にカットできます。

 

もっと言うと、ジャグラーという機械を知る・そして勝ち方を知るための、まさに攻略本みたいなものですよ。

そもそもジャグラーに設定6は使われているのか?

「ジャグラー 設定6」とかで検索すると、ジャグラーに設定6を使うわけないだろwといった内容を目にすることがあると思います。

これは、7割は正解で3割は間違いです。

どういうことかというと、パチンコ・パチスロは各都道府県の条例等の関係で、地域によって交換率や開店・閉店時間、パチスロ番組で後日の設定公開の可否など規制が異なるからです。

 

なので、地域によっては「設定6なんか入れるわけないだろw」が事実な場合もあります。
残念ですが、こればかりはしょうがないです。
ホール状況が厳しい地域は確かにあるんです。

 

しっかりとリサーチしたうえで、近隣のすべてのホールで設定が使われていないことが確認できているのであれば、車や交通機関を駆使して遠方の優良店を開拓するか、優良店が多い地域に引っ越す以外に設定6を打つ方法はありません。

 

ちなみに私が住んでいる地域はいわゆる地方都市ですが、パチンコ・パチスロの環境はそれほど良くないです。
それでも私がリサーチをして見つけた近隣のホールでは、下記のようなデータのジャグラーが複数台、普通にあります。

このホールは、ゴーゴージャグラーKKの設置台数が32台あり、連日のボーナス回数を見てもあきらかにゴージャグに力が入ってます!

旧イベント日は特にその傾向が強く、ほかに設置されているマイジャグラー2、スーパーミラクルジャグラー、ファンキージャグラー等にも、高設定(設定6含む)と思われるデータの台が必ずあります。

マイジャグラーのような出玉率(機械割)が高い、ハイスペックのジャグラーにも、設定6・高設定をしっかり使っているホールもちゃんとあります。

 

また、普段はジャグラーに設定を使っていなくても、後日設定を公開するタイプのパチスロ番組の撮影日などは、しっかり設定を入れてアピールしているホールもありますね。

実践後に設定を公開する番組は、「スロッターズ☆ジャーニー」などが有名ですが、打った機種の設定が後日公開されるためか、ジャグラーに設定が入っているホールも少なくないです。

 

たとえ設定を入れる日が限られていても、設定6を打てるチャンスがあるホールは実際に存在しているのです。

設定6を掴むためのジャグラー営業裏話の内容を紹介

それでは、「設定6を掴むためのジャグラー営業裏話」には実際にどんな情報が含まれているのか、内容の一部を紹介していきますね。

●第1章:ジャグラーの基本概念

・ジャグラーが最強のパチスロ台である理由
・ジャグラーがロングセラーとなった意外な理由
・ジャグラーの平均設定が高い傾向にある5つの理由
・オカルト理論の全貌
⇒ボーナス後1~100Gは連チャンしやすい?
⇒遊技台には好不調の波が存在している?
⇒遠隔操作や裏基盤は存在するのか?
⇒ホルコンで出玉管理されている
・オカルト理論は弱者の言い訳

第2章:ジャグラーで勝つための基礎知識

・◯◯◯◯◯◯◯◯◯の台だけ打つ
・等価店と非等価店はどちらが勝ちやすい?
・ジャグラーで勝てるホールの探し方
⇒ホールをリサーチする上でのポイントと手順
⇒回転数が少ない過疎店でのリサーチでの注意点
⇒営業のクセや傾向の見抜き方
⇒リサーチの最終段階にやるべきこと

・ジャグラーの設定を組む際の基本概念
⇒同じ客を◯◯◯◯◯◯◯させてはいけないルール
⇒全台系イベント時の設定配分パターン
⇒ハナハナを推しているホールでのジャグラー営業の特色

・朝一の設定変更を見抜く極意
⇒ガックン対策の傾向における3つのパターン
⇒ガックン対策から見えてくる営業の3つの特色

●第3章:ジャグラー営業における設定配分の法則

・ニューアイムジャグラー
⇒通常営業での設定配分
⇒設定1を使うパターンと1が入る場所とは?
⇒増台した際に設定の入りやすい場所

・マイジャグラー3
⇒通常営業での設定配分における基本概念
⇒イベント日での設定配分における基本概念

・ジャグラーの設定配分パターンを公開
⇒マイジャグラー3(等価&非等価ホール)
⇒GOGOジャグラー(等価&非等価ホール)
⇒ファンキージャグラー(等価&非等価ホール)
⇒スーパーミラクルジャグラー(等価&非等価ホール)

第4章:各種ジャグラーの営業データを公開

・ニューアイムジャグラー
・マイジャグラー3
・GOGOジャグラー
・ファンキージャグラー
・スーパーミラクルジャグラー
⇒各設定における営業データ
⇒特定の台の1ヶ月分の営業データ

第5章:全国ジャグラープロの極秘レポート
●各レポートにおける内容
1.年齢・地域・職業・過去5年間のスロット収支など
2.初心者(毎月負けている人)へのアドバイス
3.中級者(月平均でプラマイゼロの人)へのアドバイス
4.上級者(月平均でプラス数万円レベルの人)へのアドバイス
5.ジャグラーに設定を入れている店の特徴とは?
6.勝つためのホール選びとは?
7.ジャグラーで出す日を見分けるコツは?
8.等価ホールと非等価ホールにおける立ち回りの違いや注意点とは?
9.ジャグラーで勝つために必要なアイテムは?
10.ジャグラーで勝てるようになったキッカケや、ご自身のストーリー
11.ジャグラーで勝つために最も重要なことを一言でいうと
●その他特典

Excelファイルの収支表を無料ダウンロードプレゼント

いかがでしょうか?

見てのとおり、このPDFとシークレットサイトには、ジャグラーで勝つために必要な情報がすべて詰まっています!

しかもここに掲載したものは情報の一部なんです。
さらに、第4章の内容はシークレットサイトで公開されているため、今後も情報は随時更新されていきます。

 

私はこの設定6を掴むためのジャグラー営業裏話を見たとき、これほどジャグラーでの勝率を上げる方法・設定狙いに特化した濃い情報は、ほかではまず手に入らないだろうと確信しました。

 

なにより、実際に設定を入れている立場……つまり、「設定の答えを知っている人」が、ホールの営業方針にそった高設定の入れ方や、各設定の挙動などを熟知したうえでまとめた情報なんです。

なので、私たちと同じ「打ち手側が設定を予想」するだけのネットに転がっている情報とは信頼度が桁違いです。

 

今までホールのリサーチをせずに、実際に高設定が使われているのか、少ない回転数でボーナス・REG回数が良い「それっぽい」データの台で高設定が入っていると思っていたなら、上記の内容を見ただけでそれは間違いだったと気付いたことと思います。

ホール状況を知る・リサーチすることの重要性

なぜホール状況を知り、リサーチすることが大事なのか?

最初にも書いていますが、まず自分が打ちに行くホールに高設定が使われていなければ、まったく意味がないからです。
とにかく、ホールが高設定を使っているのかを知らなければ、設定狙いとか設定判別以前の問題なんですね。

 

しかも、ジャグラーには設定示唆の演出がありません。

そのため、ボーナス回数などのデータから設定の高低を予測するしかない機種ですが、2000~3000G程度の回転数なら、低設定でも高設定並みのボーナス回数がつくこともめずらしくないんです。

通っているホールがジャグラーに高設定を使っているかを知らない、また、そういった「一見高設定」のデータの台しか見たことがない・打ったことがないなら、この先ジャグラーで勝率を上げていくのは難しいと断言できます!

 

ただでさえ、6号機への移行によるスペックダウンでパチスロで勝つのが難しくなってますし、天井やゾーンも完全に廃止されればハイエナもできなくなり、設定狙いができない人は間違いなくパチスロで勝てなくなります。

 

私はパチンコ・パチスロは長いこと趣味として割り切って打っていて、負けてもしょうがない、そんな日もあるさーと気にしていませんでした。

けど、いつ・どこで・何を打っても負け続ける苦しい日が半年ほど続き、そんなときに勝ち組の知り合いに「あなたのやり方じゃいつまでたっても勝てないよ」とハッキリ言われたことで、私の意識が大きく変わりました。

 

連敗なんてよくあるし、甘デジ打って1日で6万円以上負けたこともある。

今さら連敗で心が折れるほどやわな養分じゃなかったはずなのに、年をとったからでしょうか、そんなよくある「連敗」が異常に堪えて、どうせ打つなら勝ちたいな……と強く考えるようになりました。

ネットで「パチンコ・パチスロで勝つ方法」とかめちゃくちゃ調べた結果、辿り着いた答えは単純明快な「高設定を打つ。そのために高設定が使われているか、どの機種・場所に設定が入りやすいのか、ホール状況をきっちりリサーチする」ということでした。

といっても、高設定狙いは実際に高設定を打った経験とホール状況の把握・熟知が必須となるため、誰にでも簡単にできるものではありません。

 

私はパチンコ・パチスロ歴は10年以上あっても、設定狙いはまるで素人でした。

不慣れなホールリサーチを自力で手間と時間をかけてやって、いくつかのホールのクセと傾向を掴んだことで、なんとかある程度は安定して高設定を打てる環境を手に入れましたが……。

先にお伝えしたとおり、主力で使っていたホールのクセと傾向が変わってしまったため、とにかく早く効率良くリサーチをしたい! と思い、この情報を手に入れて実践してみました。

 

私は週1くらいしかホールに行かないのですが、結果は3ヶ月ほどで出ました。

この情報に書かれているとおりにリサーチをし、ジャグラーで勝率を上げるための考え方と立ち回りを徹底して実践したことで、じわじわと貯メダルを増やしていまは常に8000枚前後をキープしています。

パチンコの方は貯玉表示されるので、ついでに載せておきますね。

負けた月に限って急な出費があったりして、ほしいものや休日に遊びに行くのを我慢したり、昼ごはんをお店のランチからコンビニ弁当に格下げしたり……なんてこともなくなりました。

私は休みの日や仕事帰りなど、月に数回しか打ちに行きませんが、それでも毎月数万円の小遣いは稼げているので、パチスロで勝つためには必要な情報は多いに越したことはないな、と実感しています。

 

おかげでガンプラだのフィギュアだの、お金に余裕がないとなかなか手が出なかったほしいものを買えたり、家族と旅行に行ったりと、ろくにホールのリサーチもせずに負けてばかりいた頃には考えられないほど、楽しくジャグラーを打てるようになりました。

いま、私がパチンコ・パチスロを打つのにお金を使うのは、貯玉・貯メダルがないホールにしか設置がない機種を打つときだけですね。

 

ホール状況をきちんと把握すれば、パチンコなら回る釘、パチスロなら高設定を掴んでトータル収支で勝てます!

ジャグラーで本気で勝ちたい人へ

ジャグラーに限らず、新基準機は天井・ゾーンなどが廃止され、ハイエナでお手軽に稼ぐことが難しくなっています。

設定狙いをするには、労力がかかるホール状況の把握が必須となるため、これまではハイエナで手っ取り早く期待値を稼ぐのが常套手段でしたが、天井やゾーンがなくなれば今後は通用しなくなっていきます。

ハイエナで簡単に稼げなくなると、見よう見まねの設定狙いで失敗して脱落していく人が大勢出るので、ライバルが減って高設定を掴むチャンスが広がります。

 

「設定6を掴むためのジャグラー営業裏話」は、

・自分が通っているホールが高設定を使っているのかわからない
・ホール状況のチェックを効率良くやって高設定が入るクセや傾向をいち早く見抜きたい
・とにかくジャグラーで勝ちたい・勝率を上げる方法を知りたい

本気でそう思っているなら、あなたの設定狙い・勝率アップのための強力な手助けになること間違いなしです!

 

勝ち組への第一歩は、まずはホール状況の把握からです。

 

何度も言いますが、これができていなければ、パチスロでトータル収支をプラスにすることは困難です。

私はパチプロでもスロプロでもない、ただ趣味でパチンコ・パチスロを打っているだけの人ですが、優良ホールを見つけたことで現金で打つことがなくなり、貯玉・貯メダルで気楽に遊べて本当に助かってます。

 

ただ、1つ勘違いしてほしくないのは、この情報を手に入れた『だけ』で、設定6がどこに入るかわかるようになる……なんて都合のいいものではありません!

あくまでも、ホールリサーチやジャグラーで勝率を上げる方法を『設定を入れる側の視点』から書かれているもので、高設定を掴むための強力な後押しにはなりますが、実際にリサーチして稼働するのはあなた自身なんです。

 

この情報を手に入れようか検討しているなら、そこだけは勘違いをしないようにしてくださいね。

私のようにパチンコ・パチスロ、ジャグラーが好きで、ジャグラーで勝っていきたいなら、間違いなく手に取る価値がある情報です。

 

勝ち方も設定狙いの仕方もわからないまま負け続けるか、

無駄なく効率良く設定6を掴んで、毎月数万円を稼ぐか……

 

あなたはどちらを選びますか?